つくる

<   2014年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧




標本第二弾

c0259832_1243505.jpg
(先生が持参してくれた標本)

今回は、勤め先で、講座に参加してくれた皆さんと標本づくりです。先生は以前と同じ方です。手順も一緒。
c0259832_12435163.jpg
(お子さんが見守る中、お母さんがプスッと刺します) 完成↓
c0259832_12435475.jpg
c0259832_12435335.jpg
色とりどりのマチピンの補強は、エレクトリカルパレードのような賑やかさ。死んでしまった昆虫とは、対象的な違和感を醸し出しています。

冬が来る前に、自分達で採取した昆虫を使いました。ただ、標本にするだけではなくて、虫を探し採取して、観察から生態や生息環境を知り、自分なりの考察を重ね、標本作りに至っています。

「標本を作る」という事は、深く自然を知り、そこで得た知識を今ある現実に役立てていく、大切なきっかけの1つだと感じました。

最近は化学の実験でも、結果だけがすぐ分かる簡単なキットがあります。
そうではなく、何事も、疑問を感じたら想像し考察していく。また実験や失敗を重ねて、結果に辿り着き、さらに新しい疑問が生まれる。
ごくごくわずかな疑問だったとしても、うやむやにせず、この一連の作業を繰り返すことによって、とても大きな答えが得られのではないかと思いました。
[PR]



by kodomotona | 2014-02-15 20:57

菌の世界

最近、休日になるとパンを作ります。同じレシピをひたすら。
ホームベーカリーを友達にもらったのがきっかけで、最近は「こねる」作業だけを担当してもらい、その後の工程を自分でしています。
c0259832_12443651.jpg
冷蔵庫の上で6時間ほど置きます。

そのあいだ他の用事を済ませますが、たまに存在を忘れ、焦ってボールの中を覗きこむと、そこは別世界。環境が合えば順調に膨らんでいます。

その後は、この別世界の住人を接待する感覚で丁重に手順を重ね、ホーロー容器を型にして、オーブンに入ってもらいます。
我が家は小さなオーブンなので、あまり膨らんで大きいと上部が焦げます。そんな時はアルミホイルで火焼けカバー。
c0259832_12443371.jpg
230℃の高熱でズズーンと膨らんでご満足いただけてから、今度は人間が食べ尽くします。
[PR]



by kodomotona | 2014-02-12 22:00

大雪の日

朝起きて外を見ると、目の前で雪が、信じたくないほど積もっていました。
c0259832_2065750.jpg
それから8時間後には、
c0259832_2065872.jpg
夕陽と、夜を迎える色が混じり合い、それを雪の白が映し出す。

一瞬で、雪から解放される喜びを感じさせてくれました。







[PR]



by kodomotona | 2014-02-08 22:00

まーーっすぐな

木です。
c0259832_11431482.jpg

竹じゃなくて。
[PR]



by kodomotona | 2014-02-08 11:40

こどもとおとなの創る時間
by kodomotona
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

ベッコウダケ
at 2014-10-25 20:25
at 2014-10-16 18:13
忙しい空
at 2014-08-31 16:40
あるがままに
at 2014-08-02 22:57
葉③
at 2014-08-02 20:15

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧